私の日商簿記1級勉強方法

勉強法まとめ

学校、通信教育の選び方

私は、3級・2級は市販の参考書で学習し合格できました。 すっかり調子に乗っている私は 日商簿記1級の市販テキストを購入しました。 しかし、1ページも読めませんでした。 なにがなんだかチンプンカンプンでした。 難しい専門書のようで、全く理解できなかったのです。

しばらく、勉強をしなくなってしまいました。 「1級はすごく難しい」「自分には無理だ」「あきらめようか・・」など、 すっかり自信をなくしてしまいました。 勉強しなくなって半年ほど経ったとき、 大手の資格スクールの存在を知りました。 多くの受験生が利用しているようです。 早速、パンフレットを申し込みました。

パンフレットを見る限り、テキストは見やすそうだし、 とにかく利用者の多さや合格者を輩出した実績を見て、 またやる気が復活し、日商簿記1級の通信教育を申し込みました。

市販の参考書とは、比較にならないくらい、 読みやすくわかりやすかったです。 勉強しなかった半年間を悔やみました。 お金は掛かりますが、大手の資格講座を受講した方が 合格しやすいと思います。 個人的に学校選びのポイントは、受講生が多く、 合格者も多く輩出していることだと思います。

・勉強法

上記の方法で教材が手に入ったら、 とにかく繰り返し学習するしかありません。 基本テキストを何度も読み、 基本問題集を何度も解く。 理解する事に努め、 わからないところにぶつかってもあきらめず、 全体的にまんべんなく学習する。

わからないところも繰り返しているうちに、 少しづつわかるようになります(私がそうでした)。 何度繰り返しても理解できないものは、 ライバル達も理解できていない可能性がある。 完璧に理解している人はそうそういないはずです。100点満点を目指す必要はないのです。